激強打破は精力剤としての効果はあるのか体験

激強打破

最近CMで気になっていた常盤薬品が発売している激強打破に精力剤の成分が入っていたので体験してみた。

もちろん眠眠打破は精力剤のカテゴリーとして販売されているわけではないが、成分を見れば並みの精力剤に勝るとも劣らないほどの滋養強壮成分や強壮成分が含まれていることがわかる。

激強打破

原材料名

果糖ブドウ糖液糖

黒糖蜜

菊花抽出物

ナルコユリエキス

カンカエキス

マカエキス

ガラナエキス

高麗人参エキス

スッポン

赤マムシ

亜鉛酵母末

サソリ

無臭ニンニク

ウミヘビ

パフィアエキス

馬の心臓

L-アルギニン

酸味料

香料(抽出物)

L-ロイシン

L-バリン

L-イソロイシン

香辛料抽出物

ナイアシン

ビタミンV6

ビタミンB1

甘味料(スクラロース、サセスルファムK、ソーマチン)

ビタミンB2

となっている。

もちろんこれは成分の含有量が多い順に記載されてはいるが、29種類の成分のうち18種類が滋養強壮成分となっている。

特に目新しい成分は、ナルコユリとカンカエキスとパフィアだ。

ナルコユリは、中国のカギクルマバナルコユリを乾燥させ、漢方として飲まれている成分だ。

http://matome.naver.jp/odai/2142897693579394001/2143529794145729903

パフィアは最近ようやく日本の精力剤にも含まれ初めてきたが、別名ブラジル人参とも呼ばれるハーブのこと。

日本人にはなじみがないがブラジルでは万病に効く薬として宝のように扱われている。

http://matome.naver.jp/odai/2142897693579394001/2142898446320384003

カンカエキスとは、カンカニクジュヨウのことで、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区のタクラマカン砂漠に分布するハマウツボ科ニクジュヨウ属に属する寄生植物で、中国では“砂漠の高麗人参”として知られている植物だ。

http://matome.naver.jp/odai/2142897693579394001/2142898446420387103

1ビンあたりの栄養成分表示

カフェイン150mg

アルギニン700mg

ヒスチジン140mg

ロイシン80mg

バリン40mg

イソロイシン40mg

カンカニクジュヨウ(原植物換算)2000mg

マカ(原植物換算)1500mg

カンカニクジュヨウとマカの原植物換算とは原料を製品化する工程で製品化できない部分が発生する。

原植物の段階ではカンカニクジュヨウ2000mg使っていても、製品に加工されると実際は1/10以下になることがある。

そのため、この激強打破に含まれるカンカニクジュヨウとマカも実際はせいぜい200mg未満の成分が含まれていると考えた方が妥当だ。

精力剤だけでなく健康食品には、このような原植物換算の数値で実際より多く成分が含まれているように見せる手法が横行しているので気を付けたい。

前置きが長くなったが激強打破を飲んでみたい。

味は養命酒のような濃厚な味でいかにも効きそうだ。

味が濃すぎて一気に飲み干すが難しい。

液体喉を通ると熱い物を感じる。

飲み切るまでになかなか時間がかかる。

キャップに液体を出すとやはり濃い茶色をしている。

激強打破の色

飲んだ直後

空腹時だったためか、余計に胃の中が熱く感じた。

2時間後

夕方5時になり、いつもだと眠くなる時間だったが、眠気は皆無だった。

精力剤としての効果はわからないが、眠気防止効果は高い。

6時間後

精力剤としての効果が期待されるが、ムラムラ感は感じない。

翌朝

朝立ちはなく、ムラムラ感はなかった。

まとめ

精力剤としては即効性もなく1本540円とコストも高くつく。

眠気防止目的とすれば効果は抜群と言える。

精力剤をレビューするようになってから、ドリンクタイプの精力剤は実はカプセルやタブレットの精力剤に比べ、配合量が少ない商品が大半を占めることがわかっていた。

特にビンの精力剤はビン自体がコスト増となるため、商品価格が高い割に含有量が少ないためだ。

またドリンクタイプの精力剤は、カプセルの精力剤と違い濃厚な味がするため効果が高いイメージがあるが、効果についてはカプセルと同等と言える。

この激強打破もコンビニで540円だったが原価は高めの100円~150円位だろうか。

カプセルの精力剤は、例えばクラチャイダムゴールドであれば1回2粒が約308円。

ロットンダゴールドであれば、1回2粒が231円となる。

これらの商品はビンのコストはかからない分、1回の商品価格に換算すると割安感がある

そう考えると激強打破は、1回540円の内100円以上がビン代となるため、コストパフォーマンスは悪いと言える。

それでも、この濃い味が好きで飲んでいるのであれば構わないが、安く早く効果を出すには他の精力剤を選んだ方が賢明と言える。

ちなみにコンビニでは眠眠打破が308円、強強打破が340円、激強打破が540円で販売されている。

コスパ順精力剤評価ランキング

当ブログで取り上げる精力剤のコスパ順ランキング。レビュアー3名の各人の主観で見たランキングとなっています。ご参考までにどうぞ!

順位 商品名 紹介記事 コスパ評価 オススメコメント
1
DHC 醗酵黒セサミン+スタミナ 20日分 120粒
記事 80点 健康食品と言えばお馴染みDHCの黒セサミン。短期的な効果はなく2週間程度服用してからが本番。効果も弱めだが値段から考えると最高のコスパ
2
ロットンダゴールド (15日分) 30粒
記事 70点 マカの2倍効く!との売り込み。即効性はないが飲んだ翌日に勃起力や精子量などの増加が見られ、効果ありとの体感。オススメのひとつ
3
マカ×クラチャイダム【サプリメント】
記事 70点 比較的早い段階での朝立ち復活など効果が結構目に見えて現れた一品。
4
シトルリンDX (単品)
記事 50点 瞬発的な勃起力と硬さや太さには実感ありだが持続力はつかない。コスパはそれほど悪くはないがお試しで買うには少し高価
5
クラチャイダムゴールド 30粒×1個
記事 40点 推奨の2粒ではあまり実感がなく、5粒、8粒などの想定外量を飲んだときに効果を発揮する。それなりの効果があるがコスパは悪くなる。
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です