シトルリンDXの精力剤としての効果を体験その2(7日目)最終結論

シトルリンDXの精力剤としての効果を体験

シトルリンDXを飲み始めてから7日目までの経過報告となる。

シトルリンDXの成分や初見の感想は「シトルリンDXの精力剤としての効果を体験開始」をご覧いただきたい。

前回はビガリスブースターを検証し、前々回はアンファーのマカ×クラチャイダムを検証した。

ビガリスブースターは効果をほとんど体感できずに終わり、アンファーはかなりの効果を感じる結果となった。

やはり効果を実感できるかどうかは体質によって大きく変わってくるようだ。

ビガリスブースターを飲み終えて7日が経過しおり体調的にも服用前と同じくらいの体調に落ち着いていたため、新たな精力剤として、シトルリンDXを検証することにした。

今回は検証途中で異常を来したため途中で服用を中断した。

その理由は詳しく後で説明したい。

服用時間 服用個数 朝立ち ムラムラ感 硬さ 持続力 射精感 性行為 自慰行為
1日目 16時 4粒  –  –  –  – 1回
2日目 18時 4粒  –  –  –  – 1回
3日目 19時 4粒  –  –  –  –  –  –
4日目 20時 4粒  –  –  –
5日目 20時 4粒  –  – 1回
6日目 20時 4粒  –  – 1回
7日目 4粒  – 3回

1日目

シトルリンDXの検証を始めて1日目。

夕方の16時の服用し、帰宅するといきなり変化があった。

変化というのはムラムラということで、帰宅後に居てもたってもいられず自慰を我慢できなくなってしまった。

ここまで即効性がある精力剤は初めてだったので驚いた。

逆に即効性があとバイアグラを想像してしまい副作用が心配になってくるが、副作用らしき副作用は感じられない。

2日目

翌日の2日目は朝からビンビンの朝立ちで、これはシトルリンDXの効果かというとそうは断言できない。

なぜなら前日も精力剤を飲まずとも朝立ちがあり、その前々日も朝立ちがだったからだ。

この朝立ちをシトルリンDXの効果だと認めるのは時期尚早だろう。

しかし、ムラムラはかなりあったので、朝から自慰に走ってしまう。

今のところ効果については半信半疑といったところだが、二日目で副作用かのしれないとう体の異常がでてきた。

トイレの回数が増えた。つまり頻尿になったのだ。

シトルリンが元々スイカに含まれる成分で血液サラサラ効果と同時に利尿作用がある成分だ。

その利尿作用が表れたと考えれば、このシトルリンDXを飲んだせいで頻尿になったと考えれば筋が通る。

いつもは1日に9時、13時、16時、19時、22時、1時と5回程度のトイレが、この日は9時、11時、13時、14時、15時、16時、19時、20時、22時、1時と2倍以上の11回に増えた。

今まで31年間の人生の中で自分が頻尿だと意識したのはこれが初めてである。

そして、もう一つの副作用がおしっこのキレが急に悪くなったことだ。

おしっこを切ろうとしても残尿感がないのにポタポタといつまでも垂れてしまい、トイレを出たあとに下着の中で尿漏れしてしまう。

しかも下着で吸収しきれずズボンにまで染みができてしまい非常に恥ずかしい。

効果がある精力剤は必ず副作用が伴うと考えているが、その副作用が良い副作用のときもあれば、悪い副作用もある。

今回のシトルリンDXの副作用はたまたま悪い副作用が出てしまったようだ。

3日目

この日も朝立ちがあった。

そそり立つような朝立ちがあり、力を入れるとさらに硬く太くなる感じがした。

さすがに二日連続の自慰で性欲はなくなっていたため自慰をすることなく1日が終わった。

4日目

この日も朝立ちだった。

もうここまでくるとシトルリンDXの精力剤の効果だと言えなくもない。

しかし、精力剤を飲む人のことを考えれば本番でどう生きてくるかによる。

セックスをして中折れを防止したいとか、早漏を直したいとか、二回戦を頑張りたいとか、そういった需要を満たしてこそ必要とされる精力剤だろう。

そして本番を迎えた。

前日こそ自慰はなかったものの連日の自慰で性欲はあまりなかったが、本番をすることになった。

結果は一回戦敗退となった。

硬さの持続は問題なかったものの、いつもの早漏になってしまい彼女が満足する前に試合が終わってしまった。

しかも、二回戦をする元気もなかった。

ほとんどの場合、射精した後は当然賢者タイムと呼ばれる激しい脱力感に襲われるが、15分程度休憩すると復活する場合もある。

いかに二回戦までの時間を短くするかとうのは非常に重要になってくる。

精力剤を選ぶならこういった回復力も重要なポイントになってくるのだ。

そういった点ではシトルリンDXは瞬発的な勃起力と硬さ、太さは顕著な実感があったものの二回戦目を戦う性欲はなかった。

5日目

朝立ちもあり、かなりそそり立つほどの太さと長さを感じたが、硬さはそれほどでもない。

手で曲げようとすると若干曲がる程度でバイアグラには及ばない。

精力剤が効いてきたのか偶然かははっきりとわからない。

夜には彼女とプレイがあったが、あまり溜まっている感じもないまましたので気持ちが入らなかった。

6日目

朝立ちもムラムラ感もあった。

この日は仕事が休みだったこともあり、朝からムラムラで2時間おきに3回自慰ができた。

夜になって4回目がしたくなるほど精力があった。

しかし夜に、急に鼻血が出た。

シトルリンDXを飲み続けたことによる副作用かどうか、因果関係はわからないが、今まで生きてきた中で鼻血が出たことは一度もないため、シトルリンDXの副作用だと直感的に思ってしまった。

鼻血がなかなか止まらず、気分が悪くなってしまったので、シトルリンDXには申し訳ないが、ここで服用を止めることにした。

まとめ

序盤は思った以上に即効性がありムラムラと勃起力を体感したものの、副作用に悩まさせ最後は使用を中断する結果となった。

服用を中止して4日が経過したが、頻尿もなくなったため、やはりシトルリンDXの副作用だったと思わざる負えない。

私が今回考えたシトルリンDXの効果的な使い方としては、即効性に期待して、本番の2時間前に服用し継続服用しない用法がいいのではないかと思う。

9800円という価格もあって常用するにはそれなりに高い。

頻尿という副作用と引き換えに瞬間的なムラムラと勃起力を一時的に手に入れるのがいいと思う。

精力剤としての総評は100点中50点くらいだろうか。

これが4000円以内であれば80点は付けたいが、やはり二回戦目の回復力が乏しい精力剤で月9800円は少々コストパフォーマンスが悪いと言える。

滝沢郁穂(タッキー)のプロフィール

広告代理店勤務 │ 1984年・神奈川生まれ。高校卒業後、某有名製菓メーカーに5年余勤務。某有名菓子の製造から販売を経験後、広告代理業へ転職。以来食品関係の広告などを扱いながら、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。広告代理店業の中で得た知識を交え一般ユーザーの視点で自ら商品を使い、レポートするスタンスをとっている。

コスパ順精力剤評価ランキング

当ブログで取り上げる精力剤のコスパ順ランキング。レビュアー3名の各人の主観で見たランキングとなっています。ご参考までにどうぞ!

順位 商品名 紹介記事 コスパ評価 オススメコメント
1
DHC 醗酵黒セサミン+スタミナ 20日分 120粒
記事 80点 健康食品と言えばお馴染みDHCの黒セサミン。短期的な効果はなく2週間程度服用してからが本番。効果も弱めだが値段から考えると最高のコスパ
2
ロットンダゴールド (15日分) 30粒
記事 70点 マカの2倍効く!との売り込み。即効性はないが飲んだ翌日に勃起力や精子量などの増加が見られ、効果ありとの体感。オススメのひとつ
3
マカ×クラチャイダム【サプリメント】
記事 70点 比較的早い段階での朝立ち復活など効果が結構目に見えて現れた一品。
4
シトルリンDX (単品)
記事 50点 瞬発的な勃起力と硬さや太さには実感ありだが持続力はつかない。コスパはそれほど悪くはないがお試しで買うには少し高価
5
クラチャイダムゴールド 30粒×1個
記事 40点 推奨の2粒ではあまり実感がなく、5粒、8粒などの想定外量を飲んだときに効果を発揮する。それなりの効果があるがコスパは悪くなる。
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です