5分ももたなかった筆者が早漏を改善した方法

私、滝沢は以前から早漏で悩んでいた。

少々の中折れ程度なら精力剤を常用したり、行為の直前にバイアグラを服用すればなんとかなるのだが、早漏に関しては、これと言った改善方法が確立されていない気がしている。

今回は私が試した早漏改善対策の中で、なぜ一番服用するタイプの早漏防止薬が良かったかを説明していこう。

コンドームによる早漏改善方法

ジェクス KABUTO (カブト) 厚 スタミナ 8個入

ジェクス KABUTO (カブト) 厚 スタミナ 8個入

コンドームは、一番手軽に行える早漏改善グッズである。

コンドーム自体が感触を和らげるわけだが、このジェクスのコンドームの中には特殊なゼリーが入っており、ペニスを麻痺状態にすることができる。

しかし、実際に早漏の私も以降に紹介する商品を使うまで数カ月に渡って使用きてきたが、イマイチな点が多かった。

まず、特殊ゼリーは確かに早漏改善効果があるのだが、コンドームを装着していざ挿入!というときから効果を発揮して欲しいものだが、ゼリーの成分がペニスに浸透するまで時間がかかり、成分が浸透したことには射精が終わってしまっているのだ。

このコンドームが真価を発揮するのは、コンドームを装着して10分は経った頃だろう。

つまり、挿入する時間を計算して、コンドームを装着するタイミングを考えなければならず、とても使い勝手が悪い。

また、挿入する前(前戯中)に先にコンドームを装着する行為も、傍から見たら可笑しな光景である。

いつものパートナーなら理解されるだろうが、初めての相手には見られたくない姿だろう。

それ故に、早漏防止薬が含んだコンドームは使い勝手が悪いのだ。

ペニスに直接散布する早漏改善スプレー

私が以前に使っていたスプレータイプの早漏改善薬のことである。

ペニスに直接散布するため、早漏改善薬の中では一番確実な方法である。

しかし、これにも弱点があって使いにくい。

その説明をしていこう。

ジゴロスプレー

このジゴロスプレーは水のような成分が出てくる。

散布してから15分くらいすると、ペニスの感覚がなくなればOK。

シャワーで洗い流して、いざ本番!という感じなのだが。

これもパートナーに事情を説明しないといけない。

シャワーで落とさないとフェラなどで成分が女性の口に入ると口内が麻痺してしまうからだ。

早漏を強力に抑制しようと過剰に散布し過ぎると、射精できなくなってしまうため散布量にはコツが必要だ。

また、ペニスにまんべんなく散布しなければならないのだが、ここでも散布しすぎると射精できなくなってしまうためコツが必要になってくる。

リドスプレー

このリドスプレーは、ジゴロスプレーに比べると油のような成分が出てくる。

油なのでペニスに付着しやすい傾向があるが、ジゴロスプレーと同様に散布しすぎると、射精できなくなってしまうから注意が必要だ。

また、ジゴロスプレーもリドスプレーも共通の弱点としては、挿入後20分程度しか効果が発揮されない。

理屈としては表面麻酔のようなものと考えていただければわかりやすいだろうか。

歯医者で麻酔をすると1時間程度は感覚がなくなるが、その後徐々に感覚を取り戻す。

このスプレータイプの早漏改善薬も、その感覚に近いと言える。

あくまで表面的な麻酔のため、挿入後20分経過後から徐々に感覚を取り戻し、1時間も経つころには散布前と同様に戻ってしまうのだ。

所詮、早漏改善を目的としている製品なので、20分も持てば目的は十分果たせているのだが、長期戦を楽しみたい方は、この手の早漏改善スプレーは物足りないだろう。

なにより、シャワーと石鹸で散々洗浄したにも関わらず、表面に付着した成分を落とすことができず、女性にフェラしてもらうときに苦い味がするらしく負担をかけてしまう。

理解のあるパートナーならまだしも、初めての相手には使うことができない製品だった。

私は延べ20回程度この手のスプレーを使ったが、使いに連れて段々とペニスの表面の張りがなくなっていく感じがした。

使うのを止めた理由は、明らかに肌に悪影響が出ている感じがしたことも理由のひとつである。

そういったいくつもの理由があって、私のプレイにはスプレータイプの早漏改善薬は合わないと感じた。

飲むタイプの早漏改善薬

早漏防止薬のタダポックス

タダポックス

早漏改善成分を含んだバイアグラというとイメージしやすいだろうか。

事実、シアリスというバイアグラ系の成分を含んだ製品であるが、その中に早漏改善薬も含まれている。

シアリスは、バイアグラのような勃起薬なのだが、大きく3つある勃起薬の中で最も副作用が少なく使い勝手のいい勃起薬だと感じていた。

この製品もシアリスと同様の作用時間があって、刺激があったときのみ勃起するとい感じで使いやすい。

元祖バイアグラは、刺激のあるなしにかかわらず4時間フル勃起状態となるが、このシアリスを含んだ早漏改善薬は約2日半、刺激があったのみ勃起してくれるのだ。

その上、頭痛や吐き気、目眩といったバイアグラに見られる副作用は感じれられない。

正規品のシアリスを10回、このタグボックスを延べ6回使ったが、全くといっていいほど副作用はなかった。

肝心の早漏改善効果だが、早漏改善の持続効果は服用初日のみだった。

つまり服用後24時間は、先に紹介した早漏改善スプレーと同等の効果を発揮した。

この早漏改善薬であればペニスが苦くなることもなく、女性に負担をかける心配もない。

バイアグラと違って、食前に飲む必要もなく、食事をしてから服用していざプレイ!なんて使い方もできる。

使い方は簡単で、この黄色い粒をカッターで半分にカットする。

1粒だと効きすぎるの、半分にカットして使えば十分だろう。

場合によっては1/4にカットした量を服用しても使っても効果があった。

根本的に早漏を改善するには

これまで紹介した早漏改善グッズはあくまで一時的に早漏を改善するものに過ぎない。

私も、ここで紹介した製品を何度も使ってきたが一度も自分の力で早漏を乗り越えたことはなかった。

何が原因かもわからず体質によるものかと諦めていた部分もあるが、あることがキッカケで早漏が改善した期間があった。

そのキッカケとは、プレイベートなことなので具体的には話せないが、おそらく精神的な面で変化があったことにより、早漏が改善されたのだと思った。

精神的な影響によって早漏が改善されてから既に2カ月が経過したが、延べ7回行為で早漏が出来にくくなった。

かつては、挿入後5分も経たないうちに射精していたが、今のところ30分は持つようになった。

もちろん体質だけでなく、射精感が出る前に頻繁に体位を変えて射精感を遅らせるなどのテクニックでカバーした面もあるが、以前はカバーしきれないほど、どうしようもないくらいの早漏だった。

早漏に悩む男性は、私以上に深刻な人もいるかもしれない。

なにがキッカケで早漏が改善されるかは人それぞれ違うかと思うが、私が大切だと思うのは「自分が気持ちよくなる以前に相手のことを想う思いやり」なのではないかと思った。

その気持ちが自身の気持ちいい方ではなく、相手が気持ちいい方に体を動かすことで、自身の早漏が改善されたのかもしれない。

滝沢郁穂(タッキー)のプロフィール

広告代理店勤務 │ 1984年・神奈川生まれ。高校卒業後、某有名製菓メーカーに5年余勤務。某有名菓子の製造から販売を経験後、広告代理業へ転職。以来食品関係の広告などを扱いながら、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。広告代理店業の中で得た知識を交え一般ユーザーの視点で自ら商品を使い、レポートするスタンスをとっている。

コスパ順精力剤評価ランキング

当ブログで取り上げる精力剤のコスパ順ランキング。レビュアー3名の各人の主観で見たランキングとなっています。ご参考までにどうぞ!

順位 商品名 紹介記事 コスパ評価 オススメコメント
1
DHC 醗酵黒セサミン+スタミナ 20日分 120粒
記事 80点 健康食品と言えばお馴染みDHCの黒セサミン。短期的な効果はなく2週間程度服用してからが本番。効果も弱めだが値段から考えると最高のコスパ
2
ロットンダゴールド (15日分) 30粒
記事 70点 マカの2倍効く!との売り込み。即効性はないが飲んだ翌日に勃起力や精子量などの増加が見られ、効果ありとの体感。オススメのひとつ
3
マカ×クラチャイダム【サプリメント】
記事 70点 比較的早い段階での朝立ち復活など効果が結構目に見えて現れた一品。
4
シトルリンDX (単品)
記事 50点 瞬発的な勃起力と硬さや太さには実感ありだが持続力はつかない。コスパはそれほど悪くはないがお試しで買うには少し高価
5
クラチャイダムゴールド 30粒×1個
記事 40点 推奨の2粒ではあまり実感がなく、5粒、8粒などの想定外量を飲んだときに効果を発揮する。それなりの効果があるがコスパは悪くなる。
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です